2024年は薄い手帳にしませんか 詳細はこちら

台湾発の万年筆ブランドTWSBIが凄い!マツコも絶賛したダイヤモンド580の魅力とは?

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

この記事は、台湾の万年筆メーカーであるTWSBIの「ダイヤモンド」という万年筆を紹介しています。

私は、「ダイヤモンド580ALR プルシアンブルー」という万年筆を購入しましたが、

ライスパ

ここ数年で購入した文房具では、上位に入るヒット作です。

特に参考になる人
  • 台湾製の文房具を使った事がない
  • TWSBIの万年筆を知らない
  • TWSBIの万年筆の使い心地を知りたい
  • コスパが良い万年筆を探している
  • 文房具に興味がある

特徴とメリットをお伝えするので、興味がある方は是非ご覧ください。

2023年6月放送の「マツコの知らない世界」でKREVAさんがオススメした万年筆です。

Amazonをお得に利用するなら

プライン会員以外にも、オトクなサービスがたくさんあります。

これらを活用してお得に買い物など楽しんでくださいね。
クリックできる目次

TWSBI(ツイスビー)とは?

TWSBI(ツイスビー)は、日本では、まだ聞き馴染みは少ないブランドかもしれません。

ライスパ

実はすごいメーカーだから、是非この機会に知ってください

40年近く有名文房具メーカーのOEMを手がけてきたTWSBIは、文房具づくりのノウハウを豊富に持っています。

そのノウハウを生かした文房具づくりの実績から、書きやすさや実用性が高く、台湾だけでなく日本でも人気が伸びてきている注目のメーカーです。

価格も抑えられていて、万年筆初心者やツイスビー初心者の方にも、お求めやすい価格となります。

TWSBIダイヤモンド580を使った感想(レビュー)

ツイスビーのフラッグシップモデルである「ダイヤモンド580」を実際に使用した感想をまとめます。

感想
  • インクが見えるボディだから、インクの色が楽しめて良い
  • インクが見えるボディだから、インクの減少度がわかりやすい
  • インク容量は大きい
  • 万年筆で重要な書き心地は良好
  • 価格以上に高品質でコスパは良い

というように、私の評価は非常に高くなっています。

ツイスビーの万年筆を使ったのは、ダイヤモンド580が初めてです。

購入前は、不安もありましたが、すぐ不安は解消されました。

具体的に説明しますね。

インクが見えるボディだから、インクの色が楽しめて良い

TWSBIの万年筆はクリアガラスを使用した製品で、「本体の色とインクの色」を楽しむ事ができます。

ツイスビーダイヤモンドプルシアンブルー

だからインクを入れた際に、そのインクの色を楽しむ事ができます。

クリアボディではない万年筆では、見た目で楽しむ事はできませんが、TWSBIダイヤモンドの万年筆は見た目から楽しむ事が可能です。

インクが見えるボディだから、インクの減少度がわかりやすい

クリアボディの良い点は、インクの減少がすぐにわかる点です。

一般的な万年筆は、インクがかすれるまでなくなったかわかりません。

しかしクリアボディのTWSBIは、インクの減少がすぐにわかるので、補充のタイミングを見失いません。

ライスパ

クリアボディはメリットがたくさん

インク容量は大きい

TWSBIの万年筆は、吸入式やプランジャー式という特殊な機構を持っています。

これにより、インクを直接軸に吸い込むことができ、一般的な万年筆よりも、約2mlものインクを入れることができます。

万年筆で重要な書き心地は良好

TWSBIは、有名筆記用具メーカーのOEM製造に携わっていました。

だから、高い技術力を要しています。

つまり、高級万年筆メーカーと同等の書き心地が実現できているという事です。

ライスパ

滑らかな書き心地は是非試してほしい

価格以上に高品質でコスパは良い

購入時は、このようなダンボールに入ってます。

TWSBIダイヤモンドシリーズは、1万円台前半で購入できるコスパの良さがあります。

それはなぜか?

価格を抑えられる理由
  • 有名な万年筆や筆記用具メーカーの製造に携わっていた高い技術力
  • 自社で生産し提供できる

例えば、ユニクロは某有名メーカーの製造に携わり高い技術力があり、技術力を背景に衣服を安く提供してましたよね。

考え方はこのユニクロと同じです。

だからTWSBIも高い技術力があるから、コスパが良い製品を提供できています。

ライスパ

本当にありがたいです


実際に使用した感想を、メリットと具体的例をもとに紹介しました。

参考になれば嬉しいです。

TWSBIダイヤモンド580を購入したきっかけ

私がツイスビーと出会ったのは、東京日本橋にある「誠品生活」というお店に行ったのがきっかけ。

誠品生活は、台湾の文具・雑貨の他に文化を発信しているとても楽しいコンセプトのお店。

ライスパ

購入のきっかけは、一目惚れ

クリアボディ+シンプルなデザインが格好よく、1万円ちょっとの価格に惹かれ衝動買いしちゃいました。

購入後2年以上使ってますが、書き心地が良くて、頑丈で使いやすいので、ヘビロテしてます。

ライスパ

誠品生活は、見ているだけでも楽しいショップです

TWSBI(ツイスビー)ダイヤモンド580ALRの製品

項目内容
ブランドTWSBI(ツイスビー)
文字幅EF /F /M /B /STUB(1.1mm)
ペン先ステンレススチール
サイズ19.2 x 5.8 x 4 cm
重量29グラム
機構・ピストン吸入式(インク容量 約2ml)
・ねじ式キャップタイプ
付属品分解キット(ミニレンチ×1、ミニリグス×1)
価格16,500円(税込)

ダイヤモンドシリーズは、TWSBIのフラッグシップモデルです。

「長時間筆記しても疲れない最高フォルムをローコストで」を目標に開発された製品。

ライスパ

こだわりが感じられ、お気に入りの一本になりました

※ちなみにボディのカラー展開が豊富なので、ぜひホームページでチェックしてください。

TWSBI(ツイスビー)のよくある質問

質問①:ALRシリーズって何?

ALRシリーズは、ALをベースに、王冠・キャップ・テールと3箇所のR=Ring(リング)にもテーマカラーを施したモデルの事です。

ツイスビー ALR

持ちやすさを高めるために、ブリップは櫛目仕上げとなっています。

質問②ダイヤモンドは何色展開している?

ダイヤモンドは公式HPでは8色となっています。

他にも限定カラーが発売されているので、定期的にホームページをチェックしましょう。

質問③:ダイヤモンドの他にも、種類はあるの?

ツイスビーは、ダイヤモンドの他に2つの種類を展開しています。

TWSBIの種類
  • ダイヤモンド……当記事紹介モデル
  • ダイヤモンドmini……ダイヤモンドシリーズのミニサイズ
  • Ecoシリーズ……入門モデル

ダイヤモンドmini

「ダイヤモンドmini」は、ダイヤモンドシリーズをコンパクトにしたシリーズです。

基本的な仕様は、ダイヤモンドと変わりはありません。異なるのは長さ。

ダイヤモンド142mm
ダイヤモンドmini118mm
約3センチの差

コンパクトだから、持ち運びも便利です。

■Ecoシリーズ

Ecoシリーズは、TWSBIの原点。

Ecoは、”economic=求めやすい価格”に由来しています。だから、5,000円台と手軽な価格で購入する事ができます。

Ecoシリーズも8色展開していて、こちらはよりキャッチーな色が揃っています。

質問④:TWSBI(ツイスビー)は、どういう会社が作っているの?

TWSBI(ツイスビー)は、台湾の三文堂筆業有限公司が製造・販売するブランドです。

  • TWSBIの意味……ひらめきは書くことから
  • ブランド名の由来……3つの文化の殿堂(詳細は公式HP
  • セールスコンセプト……万年筆は、使う者をかつてのゆったりした生活に引き戻してくれる、偉大で伝統のある文房具
質問⑤:日本の販売会社はどこ?

TWSBIの日本の販売会社は、株式会社酒井という、昭和35年に大阪で設立された会社がおこなっています。

パーカーやモンブランの販売代理店の実績があり、信頼できます。

ユーチューブを公開しているのでチェックしてください。

質問⑥:オンラインショップはあるの?

公式ホームページ内にオンラインショップはありません。(2023年12月時点)

TWSBIを購入する場合は、アマゾンなどのネット通販か、実店舗での購入となります。

(実店舗名は、ホームページ下部に記載があります。)

TWSBI(ツイスビー)の評判・口コミ

X(旧ツイッター)で、TWSBIの評判を検索してみました。

https://twitter.com/bunkyodobungu/status/1382203640518119426

やはり多くの人が、デザインの秀逸さと書き心地にコメントしてますね!

入門編~デザインにこだわる人まで、幅広くおすすめできる万年筆

台湾のメーカーであるTWSBIの「ダイヤモンド580AL R TW100742 プルシアンブルー F」は、多くの人におすすめできる万年筆になっています。

なぜなら、高級ブランドの万年筆制作で培った高い技術を注ぎ込んだ書き心地と、台湾ならではのデザインの秀逸だからです。

このような高スペックの万年筆が1万円台で購入できるのは、TWSBIだけ。

当記事を読んで、少しでも興味が出たらご自身でも調べてみてください。一緒にTWSBIユーザーになりましょう。

ライスパ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

あなたの万年筆選びの参考になれば嬉しいです!

気になる方はぜひご自身でも調べてくださいね。ではライスパでした。

参考:同時購入した「台湾のインク」について

藍屋道具屋のインク
台湾のインクメーカー「藍屋道具屋」の「褐」という色を使っています。

最後に、インクだけ紹介させてください。

TWSBIの万年筆を購入した際に、台湾のインクメーカーの「藍濃道具屋(レンノンツールバー)」というブランドのインクを購入しました。

レンノンツールバーは、2014年に台湾の藍染家の方々が立ち上げた会社です。

makuakeでクラファンを実施したり、様々な事に挑戦している会社です。

※私は、レンノンツールバーでブルーブラックに近い「褐」というインクを愛用しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
クリックできる目次