2024年は薄い手帳にしませんか 詳細はこちら

ハイタイドのペンはなぜ人気なのか?文具マニアが語るその理由とおすすめ商品

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!
HIGHTIDE(ハイタイド)
ライスパ

福岡旅行でハイタイドの直営店へ行ってきたよ

どうも文房具大好きブロガーのライトニングスパイラルです。

お気に入りの「HIGETIDE(ハイタイド)」というブランドの直営店に行って買い物してきたので、紹介します。

HIGETIDE(ハイタイド)ガジェットポーチ
オシャレで頑丈なので、重宝しています

ハイタイドは「オシャレ・レトロ・かわいい」の三拍子揃った福岡に本拠地を置く文具メーカーです。

HIGETIDE(ハイタイド)

福岡旅行の際、直営店で「ペンポーチ」「バレットボールペン」を購入しました。

読んで得する人
  • オシャレな文房具に興味がある人
  • 使いやすいポーチを探している人
  • ピストルの弾丸に似たペンを知りたい人
  • 福岡へ旅行予定がある人
  • 文房具が好きな人

では、はじめに「HIGETIDE(ハイタイド)」のブランドから紹介していきますね。

クリックできる目次

HIGHTIDE(ハイタイド)とは

画像引用:公式ホームページ

ハイタイドは、福岡発の文具・雑貨メーカーです。

オリジナルブランドを中心に、ステーショナリーやライフスタイルグッズを提案しています。

懐かしさと新しさを感じるデザインや、コーヒーや活版印刷などのテーマで展開する直営店も魅力的です。

海外にもファンが多く、ロサンゼルスやニューヨークにも店舗を構えています。

ライスパ

NY出店してるの知りませんでした

HIGTIDEの(ハイタイド)の特徴

HIGHTIDE(ハイタイド)
画像引用:公式ホームページ

ハイタイドの特徴は、デザイン性と機能性の両立です。

商品のデザインには、独自の世界観やこだわりが反映されており、多くの人々に愛される理由の一つです。

また、機能性にも優れており、実際に使ってみると、その使い心地の良さや品質の高さに驚かされることでしょう。

ライスパ

デザインが素敵なのは見てわかりますよね

HIGTIDE(ハイタイド)の歴史

HIGHTIDE(ハイタイド)
画像引用:公式ホームページ

ハイタイドは、1960年に創業された文具メーカーです。当初は、万年筆やシャープペンシルなどの筆記具を中心に取り扱っていました。

しかし、1980年代に入ると、マーカーやボールペンなどの製品も開発し始め、さらにクリエイティブなデザインや機能性の高い製品を展開し、多くのファンを獲得しています。

現在では、ハイタイドは文具だけでなく、インテリア雑貨やキッチン用品なども販売しており、幅広い商品ラインナップを誇っています。

ライスパ

代表竹野さんのインタビューはこちら

こだわりや大事にしている事がわかるので、より親近感をいだけるようになります。

HIGTIDE(ハイタイド)の人気作品

当記事を執筆している2024年1月時点のランキングを紹介します。

HIGHTIDE(ハイタイド)

ランキング1位の「ニューレトロペンホルダー ぎょうざ」は、レトロでかわいいですよね。

他にもアウトドア系の商品も多数ランクインしています。

幅広いラインナップがあるので、ホームページを見てるだけでも楽しめますよ。

ハイタイドは、歴史ある文具メーカーでありながら、常に新しい製品を開発し続けています。

代表作のマーキングペンやスライドボール、クリップルーペなどは、多くの方々に愛用されています。

ライスパ

文房具好きの方は、ぜひ一度手に取ってみてはいかがでしょうか。

PENCO バレットボールペン

HIGETIDE(ハイタイド)

私が旅行先で購入した一つ目の商品が、PENCOのバレットボールペンです。

PENCO バレットボールペンの特徴

HIGETIDE(ハイタイド)
特徴
  • 珍しいピストルの弾丸のデザイン
  • コンパクト
  • 持ち運び便利

最大の特徴は「ピストルの弾丸」に似たデザインです。

弾丸だけあってコンパクトです。

通常は短いですが、使う時はフタを装着すれば長くなり持ちやすくなります。

コンパクトでかわいいですよね。

HIGETIDE(ハイタイド)バレットボールペン

真鍮という頑丈な素材を使っているので、「ズシリと重い」39グラムです。

日常でがっつり使うより、外出先とかで「チョロっと使う」みたいな使い方がいいと思います。

HIGETIDE(ハイタイド)

カラーは、3色展開です。

私は店頭で3色見た結果、落ち着いたブラックを選択しました。

PENCO バレットボールペンを使った感想・レビュー

HIGETIDE(ハイタイド)バレットボールペン

では、実際に使った感想を紹介していきますね。

ざっとまとめると、この4つになります。

感想
  • デザインが良い
  • 常用では使用しないが、たまに持ちたくなるフォルム
  • 書き心地が良いインク
  • 自ら購入しないデザインだから、ギフトに良さそう

デザインは何度も書いてますが、非常にコンパクトであり、インパクトがあるデザインになります。

HIGETIDE(ハイタイド)バレットボールペン

バレットボールペンは「重い」「持ちやすくはない」ペンです。

だから、学校やオフィスで長時間使うという用途にはオススメしません。

HIGETIDE(ハイタイド)

外出先のカフェや商談先で使う用途がいいと思います。

とはいえ、インクは非常に書きやすくてサラサラ書くことが可能です。

ただ、インパクトがあるデザインで実用性もあるので、ギフトにはオススメだと思います。

価格は、3,300円(税込)で購入可能なので、ちょうどいいですよね。

(それでも高いという方には「ライトタイプ」700円(税込)があります。)

nahe(ネーエ) ペンポーチ

HIGETIDE(ハイタイド)

購入した2つ目のグッズは、大きめサイズのペンポーチです。

店頭で確認した時、”少し大きいかな”と思いましたが、「実際大きかったです。」

ライスパ

ただ、何でも収納できるので気に入っています

ネーエ ペンポーチの特徴

HIGETIDE(ハイタイド)

公式ホームページには、「中身が取り出しやすい、大容量のペンケース」と紹介されています。

ユニセックスで使用できるシンプルなデザインで、男女問わず使うことができます。

ペンポーチの特徴は、この3点です。

特徴
  • 間口が広く出し入れが楽
  • 容量が大きく、ペンだけでなくいろんなものを入れられる
  • 骨組みがしっかりしていて型崩れはない
ライスパ

3つの特徴を感想と共に紹介していきますね。

ネーエ ペンポーチを使った感想・レビュー

HIGETIDE(ハイタイド)
特徴
  • 持ち運びが便利
  • ファスナーの持ち手が便利
  • なんでも入れられて便利
  • つまり便利なペンポーチ

まず1つ目の便利に思ったのが、「持ち運びが便利」だという事です。

素材はポリエステル。耐久性はあるので、カバンに放り込んでも全く問題ありません。

少しぐらいの水分だったら弾いてくれるかな。

HIGETIDE(ハイタイド)ペンポーチ
重量は90グラム。普通の重さです。

2つ目は、ファスナーの持ち手についてです。

実際に画像を見てもらった方がわかると思います。

持ち手が丸くなっていて、指をひっかけやすくなっています。だから、開閉がすごくしやすくて便利です。

3つ目は、間口の広さについて。

ペンケース自体が少し大きめで、ファスナーを前回にすると間口が大きくクチを開けてくれます。

HIGETIDE(ハイタイド)

しかも、画像とテキストでは伝えづらいですが、「ペンケースの上部に固めのワイヤー」が入っています。

これにより、間口が閉じたり、よれたりすることがなく、出し入れが本当に便利です。

しかもポーチの中に、メッシュポケットがあって、小物の収納ができます。

私は、有線イヤホンを収納しています。

ライスパ

非常に便利で使いやすくすごくオススメ。

【ハイタイド】「バレットボールペン」「ペンポーチ」のまとめ

HIGETIDE(ハイタイド)

というわけで、ハイタイドのブランドと、「バtレットボールペン」「ペンケース」を紹介してきました。

購入した2品とハイタイドのまとめ
  • ボールペンもペンケースも気に入っている
  • ハイタイドがより好きになった
  • 次に福岡へ旅行したら、本店へ行ってみたい
  • これからもグッズを購入していきたい

最近では、都内の店舗でもハイタイドの文具を見かけるようになってきています。

だから、これからも見つけたらチェックしていきたいと思います。

ライスパ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

他にもボールペンやノートについて記事を書いているので、ぜひチェックしてくださいね。

ではおしまい。ライトニングスパイラルでした。

また福岡行きたいな~!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
クリックできる目次