当ブログ直近1ヶ月No.1アクセス記事 詳細はこちら

「黒インク革命」サクラクレパスのボールサインiD 3Cで書く楽しさを再発見!

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

どうも、サクラクレパスの「ボールサインiD」シリーズが大好きなライスパです。

黒のインクが何種類も楽しめるボールペンとして、文房具大賞を受賞した事がある「ボールサインiD」ですが、今回3色ボールペンが発売となりました。

しかも、一般的な「黒・赤・青」という3色ではなく、「黒・黒・赤」というように特殊な3色の組み合わせとなっています。

ライスパ

いろんな黒を楽しみたい人に最適なペン

オフィスで1ヶ月使用し、使いやすくすごく気に入ったので、皆さんにも知ってもらいたいので、当記事を執筆しました。

というわけで、ぜひ最後まで読んでくださいね。

サクラクレパスの人気作「サクラクラフトラボ007」の記事はこちら

クリックできる目次

ボールサインiD 3Cとは

サクラクレパスのボールサインiD 3Cは、黒インクが3色一体となったボールペンで、スタイリッシュなデザインとなめらかな書き心地が特徴です。

さらに手にフィットする新感覚のiD設計で、文房具愛好家から初心者まで幅広いユーザーにおすすめのアイテムです。

詳細は、公式ホームページもご覧ください。

ボールサインiD 3C 3つの特徴

ボールサインiD 3Cには3つの特徴があるので、順番に説明しますね。

特徴①:自分の黒が入った3色ボールペン

ボールサインiD 3Cは、黒インクが3色一体となったボールペンです。

さりげなく個性を表現できる便利なアイテムです。

さらに、青や赤のインクも同時に使えるので、メモやスケッチ、署名など、さまざまな用途に対応できます。

ライスパ

私はフォレストブラックがお気に入り

特徴②:上質感あふれるスタイリッシュなデザイン

金属製のクリップ、ミニマルなスライダー、丸みのある六角ボディなど、洗練されたデザインが特徴です。

手に持ったときの重量感やバランスも考慮されており、高級感を感じさせます。

特徴③:なめらかな書き心地

疲れにくい水性顔料ゲルインキを使用しており、快適な書き心地を提供します。

筆記中にスキップや滲みが少なく、長時間の使用でも手が疲れにくいのが魅力です。

商品詳細

商品名ボールサインiD 3C
インク水性顔料ゲルインキ
ボール径2パターン
・0.4mm
・0.5mm
インク組み合わせ3パターン
・ピュアブラック+ブルー+レッド
・ナイトブラック+ピュアブラック+レッド
・フォレストブラック+ピュアブラック+レッド
ボディカラーバリエーション2パターン
・ブラック
・ホワイト
長さ145mm
重量13g
価格935円(税込)

インクの組み合わせを楽しむのが、ボールサインiD 3Cの特徴です。

外観をご確認ください。

あなたのお気に入りのパターンを選んで購入してくださいね。

ボールサインiD 3Cを実際使用したレビュー

みなさんが気になるレビューを紹介したいと思います。

一言で書くと、「いろんな黒インクを気軽に楽しめるペン」となります。

オフィスワークで1ヶ月使用した感想をメリット3点・デメリット1点で紹介します。

まず1つ目は、インクの色分けについてです。

メリット①:3色のインクで色分けが簡単

ボールサインiD 3Cは、黒、赤、青の3色のインクを使えます。

これは、ノートや資料などを色分けして書くときに便利です。

例えば、黒で本文を書き、赤で重要なポイントを強調し、青でコメントや質問を書くというように、自分の書き方に合わせて使えます。

また、インクの切り替えは、ペンの上部にあるボタンを押すだけで簡単にできます。

ライスパ

好きな色にストレスなく、切り替えられます

メリット②:高品質な書き心地

さすが三菱鉛筆さん!

ボールサインiD 3Cは、三菱鉛筆の技術力が詰まった高品質なボールペンです。

私が購入すたペンのペン先は、0.4mmの細さで、細かい文字や図もきれいに書けます。

インクは、油性で滑らかでにじみにくいです。しかもペンの形は、三角で、手にフィットして疲れにくいです。

デザインはシンプルで、ビジネスで使うにはちょうどいい落ち着きがあります。

ライスパ

とにかく万能なペン

メリット③:インクの組み合わせを楽しめる

ボールサインiD 3Cのインクの組み合わせは、このように3パターンです。

一般的な3色ボールペンは、決まった3パターンですが、選べます。

そして、好みの組み合わせを選べます。

特に面白いのが、「黒+黒+赤」の組み合わせ。

ライスパ

この組み合わせは使えば楽しさがわかるので、ぜひ使って欲しい

このように選ぶ楽しさがあるのが、ボールサインiD 3Cの3つ目のメリットです。


3つのメリットを紹介しました。本当に良いペンですが、少しだけ気になる点もあるので、1点だけ紹介しちゃいます。

デメリット①:安くない価格

3色ボールペンは、安ければ100円台でも購入ができてしまいます。

しかし、ボールサインiD 3Cは、700円台と、100円のペンが7本購入できてしまいます。

書ければなんでもいい、安ければなんでもいい、という方には向かないペンです。

ライスパ

使いやすさと3色楽しめる部分を考慮してね


価格は多少高いかもしれませんが、インクを選ぶ楽しさや黒を楽しめるペンと考えれば、個人的にはコスパはまあまあいいかなとも思います。

ぜひご自身の価値観にあわせて判断してくださいね。

※ホワイトなボディを希望される方は、こちら!

よくある質問

質問
ボールサインiD 3Cの替芯は?

替芯はあります。型番は「R-GBN04#49」。

細さは2種類(0.4mm、0.5mm)あるので、購入時はチェックしましょう。

人気色は何色ですか?

既存の「ボールサインiD」は6色展開してます。

この6色の中で、

  • ピュアブラック(ブラック)、
  • ナイトブラック(ブルーブラック)、
  • フォレストブラック(グリーンブラック)

の3色が展開されているので、この3色が人気となります。

ボールサインiD 3Cの発売日はいつですか?

発売日は、2023年9月13日です。

ボールサインiD 3Cの互換性は?

ボールサインiD 3Cは、ボールサインノックのR-GBPは入りますが、JF芯系のリフィルは入りません。

リフィルの型番はR-GBNで、R-GBPよりも0.5mm太いです。

購入する時は、R-GBNを選択しましょう。

ボールサインiDのiDとはどのような意味ですか?

自分らしい色を選ぶことができるという意味で「identity(アイデンティティ)」の「iD」と名付けられました。

ボールサインiD 3Cの評判・口コミ

画像がおされ
たしかに0.4mmは以外
2本購入とは羨ましい
デメリットで提示した価格…
ホワイトもかっこいい
雑誌Biginさんのレビューです

発売から間もない事もあり、使い込んでの感想は見当たりませんでした。

ただ、ボールサインiDのファンの方や、購入して嬉しかったという声が多かった印象です。

ぜひご自身でも検索してみてくださいね。

ボールサインiD 3Cは黒を楽しみたい人におすすめ

というわけで、ボールサインiD 3Cを紹介してきました。

改めてですが、黒のインクが何種類も楽しめるボールペンです。実際に使用した感想からも、使っていて楽しいペンとなります。

当ブログで紹介しているペンの多くは、1,000円以上の価格帯がほとんど。

しかし、どうしても皆様に使って欲しく記事にしたので、少しでも興味を持った人はぜひ購入して「黒」を楽しんでください。

ライスパ

最後まで読んでいただきありがとうございました

当ブログは、ボールペン・万年筆を中心に文房具を紹介してますので、他の記事も読んでください!

ではまた。ライスパでした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
クリックできる目次